【明治大学バスケ部公認サイト】MUBT MAGAZINE » PHOTO & 投稿 & 関東トーナメント » 【2014トーナメント】第62回関東大学バスケットボール選手権大会 ~昨年度の振り返り・今大会に向けて~

【2014トーナメント】第62回関東大学バスケットボール選手権大会 ~昨年度の振り返り・今大会に向けて~

by admin on 日曜日, 5月 25th, 2014

◆第62回関東大学バスケットボール選手権大会 試合情報

明治大バスケットボール部にとって2014年度最初の公式戦となる「第63回関東大学バスケットボール選手権大会」(以下、関東トーナメントと記載)が5月17日(土)から開幕している。今年も昨年度同様に7位決定戦までではなく、15位決定戦まで行われ、明治大は5月26日(月)15時に初戦を迎える。
 
 
~昨年度の大会振り返り 
4年ぶりにベスト8入りを果たすもベスト4の壁は厚く
その裏で果たした「イメージの払拭」~

前年度の「インカレ」で3位という成績を収めた明治大。そのメンバーが全員に残る”2年目のチーム”で挑み、周囲の期待も大きい大会であった。初戦(vs東京農業大)、ベスト8決定戦(vs関東学院大学)を順当に勝ち進み、準々決勝は青学大と対戦することに。
 
 
開始早々、安藤誓哉(4年)が3Pを気持ちよく決めた。そのプレーについてこう答えている。
「気持ちの面で、ああいうゲーム(インカレ青学戦)をしてるから、いくらやってやろうって言われても、インカレのイメージがみんなに残っていると思うんですよ。だからそれを払拭するために、最初3P狙いました。入るか入らないかわからなかったですけど、最初自分が打ちきって、流れ作って、リバウンドをみんなで取って。あぁ、(青学相手でも)やりあえるじゃんみたいな。それを40分間続けようと思っていました。(安藤選手)」
 
 
前年度のインカレでは49点差で負けた相手。どんなに練習を積み、実力を付けたところでイメージを振り払えないと勝つことを難しい。安藤はチームを成長させるため、率先してプレーで示したのだった。それに西川、目らの3Pも続き明治大は3Qまで接戦を繰り広げることに。試合は4Qで突き離され「65-79」で敗戦したものの、それでも「イメージを払拭する」ことはできた。これがその後のリーグ戦3位、インカレ準優勝という結果に結びついたはずだ。
(写真:昨年度大会vs青学大より 安藤誓哉選手(4年)がどういったプレーを、そしてゲームを展開してくれるのか。ぜひ注目しておいてほしい。)

 
 
~今大会について ~
「インカレ」に向けた「トーナメント形式で勝ち上がる」経験を掴みに 
狙うは頂点へ

今年度最初の公式戦。今の自分たちがどれほどの実力かを試す目的もあるだろう。(写真:この大会、安藤、中東とともにチームの柱となる伊澤実孝選手(3年))
だが、この大会でどういった結果や経験を掴みとるかでこれからのシーズン、または来年度、再来年度が変わってくる。
 
 
今年はある意味、もう一度チームを作り直す年になるかもしれない。去年の4年生たちがごっそりと抜けてしまった穴は大きく、プレー面やチーム作りにおいても彼らの存在は偉大だったからだ。でも、その穴が大きければ大きいほど、今のメンバー1人1人の頑張りがチームに与える影響は大きくなるはずだ。
1年生たちには、とにかくプレーでの経験はもちろんのこと、大学バスケというものを様々な面で感じ取ってほしい。2、3年生にとってはある意味勝負の年。彼らが今年1年でどれだけのことを乗り越えるかで明治大のこれからが決まるからだ。苦しいことはあるだろうが、その苦しさもいつかは力になると信じ、この大会に挑んでほしい。
 
 
そして、4年生たち。
 
 
安藤、中東、皆川など1年生からチームの中心を担ってきたメンバーがいる。「もう一度チームを作り直す年」だと言ったが、そうだとしても、チームを頂点へ導いていってほしい。この2つを同時に進めることは難しいが、それだけのことができる代だと信じている。
 
 
最後に、リーグ戦でチーム力を高めることはできるが、インカレに向けて「トーナメント形式で勝ち上がる」という経験が掴めるのは、この関東トーナメントだけだ。一瞬一瞬が先につながると信じ、チーム一丸となって頂点を目指してほしい。
(写真:先日開催された「第37回李相佰盃日韓学生バスケットボール競技大会」に学生代表として出場。2試合は両チームトップの22得点をマークした中東泰斗選手(4年) エースとしての存在感をさらに増やし、チームを頂点へ導いてほしい)
 
 
 
 
◆大会名   第63回関東大学バスケットボール選手権大会
◆開催日程  平成26年5月17日(土)・18日(日) 5月24日(土)~6月1日(日)

◆開催会場  国立代々木競技場第二体育館、大田区総合体育館、各大学体育館

◆入場料
・5月17日、18日、24日、25日、26日:無料
・5月27日(火)~6月1日(日):一般・大学:1000円、中学・高校:500円、小学生以下:無料

◆明治大バスケットボール部 試合情報
【初戦(ベスト16決定戦)】5月26日(月)15:00~ vs東洋大@大田区総合体育館aコート
(※)その他は関東大学バスケット連盟HPをご確認ください。
(※)試合速報予定です。

 
 
 
Written By K
Photo K&R

Share on Facebook
Share on Twitter

Leave a Reply